ハートがネック?

ここのところ書籍で『ハートの~』といふ本(翻訳本)が2冊、出版が中止となった。
また、日本人の書籍でもハートの本が難航してゐる。

ハートに何かあるのかな。

自分のハートに問題があるのか、それぞれの著者や訳者に問題があるのか、はたまた社会的に何かあるのか。

それとは直接関係ないのかあるのか(笑)、今日、ある霊能者のお試しリーディングで、
自分の過去生が平安時代初期の悪徳僧侶だったと言はれた(爆)。ダークサイドだったと。
その過去生を言はれたのは初めてだが(霊能者はみんな違ふ過去生をいふ)、今の自分はダークサイドなのかもしれない(笑)。
それでハートに問題があるのかな。

ダークサイドとは何か? 暗黒面。
結局、アナキンはどうなったのか。

イエスは祈り、ブッダは祈らなかった?

聖書や仏典を見ると、イエスは祈り、ブッダは祈ってゐない。
なぜ、イエスは祈り、ブッダは祈らなかったのか。

いろいろなものに挑戦しないといけないとき、課題や艱難があるとき、そして不安があるとき、
祈りは必要なやうに思ふ。心の安定のために。

イエスは、使命?を達成するために、祈らざるをえなかったのかな。
命をとした役割を全うするために。
神と自分との語らひの時間が必要だった。それは言葉なきコミュニケーション。

ブッダには、そのやうな課題はなかったのかもしれない。
安らぎの境地にゐればよかったのかもしれない。
梵天から、みんなに悟りのことを教ヘるように、と請はれて教へるやうになったが、
使命感といふほどでもなかったのかもしれない。

祈りには個人性がある。
個人性のない人に祈りはない(いらない)。

祈りには個人性があるが、個人を超えた要素もある。
超越と個とのせめぎあひの中で成り立つ。
非二元と二元との間で成り立つもの。

氣づきと練氣化神

「目覚め」、「覚醒」は、別の表現では、「氣づき」と表現される。
なぜ「氣」がつくのか? 「氣」と関係があるのか?

仙道では、修練法として「練氣化神」といふのがある。
氣を練って、神(仙道では意識のこと)に変化させていく、という修行。
「氣づき」を通して、「覚醒」を強化していく感じなのかな。

今度出す『悟りを生きる』も、「氣づき」の練習をするようにと書かれてゐる。
訓練をつむことによって、短期間の「氣づき」が次第に長時間の「氣づき」になると。
まさに「練氣化神」だ。
「練氣化神」とは、覚醒法なのだ。

小周天や大周天が、「練氣化神」ではないのだ。
それらはただ「氣」をめぐらせるだけのもの(?)。

夏の大祓ひ

6月の末日は、半年に1度の大祓ひの日。
神社では、茅の輪くぐりを行ってゐる。

それに合わせて弊社では、半年の大祓ひで社内飲み会を年中行事の一つとして行ってゐる。
29日に行ったが、スパークリングワイン、ビール、日本酒、赤ワインとチャンポンしてしまって、悪酔ひしてしまった(苦)。昨日、今日と体調がよくない。2日酔ひ3日酔ひ。
アルコール依存症の自分でも、昨日今日はアルコールは飲めなかった(笑)。

今年も半年が終り、気候は夏真っ盛りの状況だ。

喜びが足りない

今日、サヤーダさんのセッションを受けた。

自分の決断で最近行ってゐないと言はれた。
そして、自分が喜ぶことをしていったはうがいいと言はれた。

また、この地球には「喜び」が足りないとも言ってゐた。
そして、各自は自らの内に「喜び」を持つやうにしていくと、それが外にも広がってゆき、
結果として、地球を喜びの星にできると。

松久正先生は、「お喜び様」と言はれてゐる。
Tya-Tyaさんも「オヨロコビ」と言ってゐる。

経済的に苦しいと、「喜び」で生きれない。苦悩の連続だ。支払ひをだうしようといふ思ひで四六時中いっぱいになる。

「喜び」は経済的な安定があってこそ成り立つ。

やりたいことがやれるなら、嬉しいし、「喜び」だらうけれど。

喜びが足りない。

訳語の難しさ

7月に出版予定のノンデュアリティの本『悟りを生きる』(スコット・キロビー著)の訳語で難航してゐる。

「inseparability」「inseparable」(分けられない、わけられないもの)の訳語で、
「一体性」と訳すのか「非分離」と訳すのか「不可分」と訳すのか「分離できないもの」と訳すのか、
訳者、編集者、僕の間で統一見解に達してゐない(笑)。

英語から日本語への変換は、1対1ではできないものが多くて、一種の文化移植みたいなところがある。
マインド、ハートの訳語も、心が1対1で対応していない。
イギリス人やアメリカ人は、マインドというと頭(思考)を指すが、日本人が心というとどこを指すのか? 胸か。
頭から胸全般か、漠然としてゐる。頭を心と指す人は少ない。
ただ、禅で心といふ言葉を使うときは頭(思考)を指すことが多い。禅が中国から来ているからだらうか。
心臓も中国から来ているから、中国人か禅僧は何か使ひ方が違ふのかな。

『悟りを生きる』は、わりとわかりやすく読みやすい本なので、難しめの表現でないほうがいいのかもしれないけれど。

翻訳は文化移植であるとすると、逆に日本語を他国語に変換する(日本の文化を他国に伝へる)のも大変さうだ。

よくこれからは日本から文化(日本の精神文化)を世界に発信するのだ、といきまく人がゐるけれど、
日本語をうまく他国語に変換できるかだうかだらう。
また変換したい外国人がゐるかだうかだらう。
さうでなければ、単なる日本人の押し付けといふエゴだ。

神の愛と現実

スピリチュアル系の人たちはよく、神の愛とか光とか、美しめの言葉を言い、信じてゐて、僕にもそれらを信じ全託したほうがいい、今厳しいのはさういふものを信じてゐないからだ、みたいなことを言はれる。

さうなのかもしれないが、自分には全然わからない。
何も信じてゐないからかもしれない。可能性しか。

神の愛があっても、支払いはしないといけない。神の愛があれば支払いをしなくていいのであれば、すごい楽だ(笑)。

太宰治みたいに、呑んだくれて借金にまみれて自殺するならそれも生き方かもしれない。(一昨日は桜桃忌)

性格は同じく破綻してゐる自分ではあるが、支払いはしなくてはならない。
その金が厳しい。その現実を前にして精神的なことはわからない。
物理的に資金調達しなくてはならない。
「意識の目覚めに役立つ情報を提供する」という理念も資金があってこそ成り立つ。
お金がなければ人の役に立てない。
人の役に立ってゐないから入金がない。

そんな日々を暮らしてゐると絶望を通り越して不感症になる(苦)。
支払ひマシーン。

引越し疲れ?

12日に無事、引越しが終ったが、荷物の量が多くて、事務所の倉庫領域も満杯で、なかなか荷物が片付かない(苦笑)。
自分のいろいろな風水グッズやエネルギーグッズ、資料や原稿も片付いてゐない。
片付けるのが得意でない。だから、経済や経営も厳しいのかな(苦)。

6月は、いろいろな本が売れてうれしいけれど、それらの入金ははるか先で、今の支払いが厳しい。
遣り繰りが大変すぎる。ダイハードな日々。いつまで続くのか。

引越し疲れなのか、新しい事務所が現状復帰で壁や床が新品になった分、その化学塗料のにおいにやられたのか、遣り繰りが厳しいところからくる心理的負担からなのか、
結構疲れきってゐてダルい。