擇日

6月12日、無事(なんとか)事務所の引越しが終了した。
電話やネットの回線までは終った。
あとは、いろいろなダンボールを片付ける作業が残ってゐる。

6月12日の引越し日は、中国(台湾)の擇日といふ占ひで、風水師に吉日を選んでもらって決めた日だ。

きしくも12日は、トランプアメリカ大統領と北挑戦の金正恩との日朝首脳会談の日でもあった。
彼らは、擇日でその日を選んだのだらうか。

事務所の移転

6月12日に、表参道から神保町へと事務所を移転します。

表参道の事務所は5年借りてゐた。
駅の出口からすぐの超便利な立地のところにあった。
だが、引っ越してから全然経営状態がよくなかった。いろいろな問題も起きたり。
風水的によくなかったのだらうな。
表参道に引っ越したときは、物件の立地の良さだけで引き合いも多い物件だったので
風水師や霊能者に相談しないで決めてしまった。
その前の事務所を選ぶときに霊能者や風水の先生にいろいろ聞きまくっていたのだが、
結果、あまりいい経営状態にはならなかった。

今回、事務所の移転に伴って、違う風水の先生と霊能者に相談した(笑)。
銀座からはじまって、表参道、原宿、北参道といろいろ物件を見てまわったけれど、
良さそうな物件は、すでに大概申し込まれていたり、また条件に合わない物件も多く、
何ヶ月も決まらなかった。
そして、エリアを広げて物件を探すことにして、ようやく神保町に条件の合う物件が
見つかった。
その風水の先生によると今度の物件は財運がいい物件らしい(笑)。
それに期待したい。

事務所の引越し前から『松果体革命』『22を超えてゆけ CD付』『パワーか、フォースか』等、本の売上がいい。
ジャスムヒーンさんの申し込みもたくさん来てゐる。
風水効果なのか、霊能者による霊符の効果なのか。
ありがたい。

神保町は、古本屋街であり出版関係の会社も多く本の街。楽器屋さんも多い。
そしてカレーの聖地(笑)。
今までとはまた違ふ気持ちで仕事をするのかな。

天頂にアルクトゥルスが出てゐる

今の時期、夜空の天頂にアルクトゥルスが出てゐる。

次の『スターピープル 67号』の特集は、「いかに天の川銀河文明は地球に影響を与えたか」といふことをテーマにしてゐる。

トム・ケニオンの『アルクトゥルス人から地球人へ』といふ本でもそのことが書かれてゐるが、
アルクトゥルスからの影響も結構きてゐる。

夜空を見ながらかみしめたい。

靴べらと税金

何かを書かうと思って忘れてしまったので、別のことを書く。
飲んで帰りの電車が終電で途中駅までで終ったので二駅歩きながら、道端の変な設備を見て、こんな不要のものに税金が使はれてゐるのかと思って帰ってきた。
公務員は税金の使い方がヘタだ。だう使ふかは議員が決めるのかもしれないが、議員も判断能力がなく税金の使ひ方がヘタだ。だうでもいいことに税金を使ってゐる。
公務員は不要だと思ふ。みんな民間でやればいいと思ふ。
公務員を税金で養ふ必要はないのでは。自分達が稼げるやうになったらいいのでは。
議員も税金の使ひ方を考へたはうがいい。

そもそも、前は消費税ナシでやってこれたのに、なぜ消費税? それに今度10%に上げるとは。
うちも消費税が8%になってから更に経営が厳しくなった。クソ。
消費を低下させ、本が売れなくなった。会社がやばくなった。
消費税分、物価の値上げに等しい。
消費税撤廃を望む。その方が景気がよくなると思ふ。
(消費税が上がってよくなった企業はほとんどないのでは?
政府(官僚公務員)の愚策)

うちについたら、うちを出るときに靴べらを折ってしまったことを思ひ出した。
このことを書かうと思ったのだった。(違ったかな)

うちを出るときに靴べらを折ってしまい、その後、電車に数歩手前で乗り損なってしまひ、
途中も判断を間違ひ、結局、目的地まで10数分遅れてしまった。
最初のしくじり?が、次々と尾を引いていく。

自己と意識と

6月の新刊3冊とスタピの入稿が重なり、結構きついぜ。
それに増刷分の対応と。

ウエサクの満月の影響か、精神的にも安定しないぜ。

資金繰りもかなりキツいぜ(苦笑)。

女の性質についても書かうと思ったが、タイミング的に難しいのでいずれ。

自己と意識の相関は如何に。
小さいときに自己意識(自我)に目覚める。
それ以前に意識はあったやうな。
また自我が脱落(とつらく)しても意識はあるやうな。
どこまでも意識はあり続ける。
意識があるとき、自己もある。I AM(われ在り)

電車に乗ってゐて、乗客を見てゐると、大部分の人がスマホに没入してゐる。
その世界にはまってゐる。
異様といへば異様な状況だ。
その人たちの意識世界がスマホの中にある。
だが、スマホを見てゐる自己認識(自己意識)はない。

スマホの世界は、眠り(想ひ)の世界であり、覚醒してゐない。

路上で通り過ぎる人も眠ってゐる。想ひにふけってゐる。目覚めてゐない。

もし、ほとんどの人が目覚めてゐたら世界はだうなってゐるのだらうな。

みんなの意識が開かれてゐると、電車の中でも、路上でも、一体感の意識の中で過ごすことになるのか。

ウエサク

今日は5月の満月の日、ウエサクの日

アセンデッド・マスターの祝祭日である。といふことは覚醒の祝祭日でもある。

多くの人が今日のエネルギーで目覚めますように!
自分自身も目覚めますように。

練神還虚

仙道の技術に、練精化気、練気化神、練神還虚、還虚合道といふものがある。
人間の構造を、精気神の3分類で分けてゐる。精は物質性の強いもの、気は気、神は意識。
グルジェフの動作センター、感情センター、思考センターにも通じるものがある。
仙道もグルジェフもどちらも物質的に人間の構造をとらへてゐる。
低次の物質から高次の物質への変換を説いてゐる。

練神還虚とは、練気化神で練った陽神(聖胎・玄胎)(トゥルパ?)を頭頂から出神させて、不滅の身体を作っていくことと一般には言はれてゐる。

それとは別の見方もあるのではと思った。
それは、覚醒のことであると(笑)。
練神とは、意識を練ること。還虚とは意識が虚空の意識まで広がること。還ること。つまり覚醒意識になることだ。
還虚合道とは、覚醒意識になって道のままに生きていくこと。道と一つになること。

仙道は物質的な見方が強いけれど、実は覚醒の道なのかもしれない。

ビリー・ドイルさん

この3日間、『カシミールの非二元ヨーガ』の著者、ビリー・ドイルさんのワークショップだった。

ビリー・ドイルさんもしっかり非二元の人だった(笑)。

ラマナ・マハルシやニサルガダッタ・マハラジやクリシュナムルティに興味を持ち、
インドに行ったそうだが、ジャン・クラインに会い、生きた師として師事したとのことでした。

ビリーさんはもともとヨガ・ティーチャーで、ジャン・クラインもヨガのマスターだったやうです。

ビリーさんに、いつ覚醒(悟り)しましたか?と質問したら、ジャン・クラインが亡くなって
9年後に覚醒が起ったそうですね。
イギリスの地方の町で、朝食後、庭を歩いてゐたら、突如、開放が起きたやうです。
自己が抜け落ち、非二元で言はれてゐるやうな意識になったとのことでした。

次回はリトリートをしたいと言はれていました。
実現できたらいいなと思ひます。

覚醒夢

明晰夢は、自分が夢を見てゐることに気づいてゐる夢だ、
覚醒夢(自分が作った用語)は、それとは違って、夢の中で覚醒してゐること。
一瞥みたいな覚醒の経験が夢の中で起こってゐる。
夢であることには気づいてゐないが、覚醒してゐることには気づいてゐる。

こんなことってあるのだらうか?

一瞥なんてただの夢だといふ証拠か。

クリシュナムルティは夢を見ないと言ってゐたといふが。

覚者は夢を見ないのか。

ハリー(ハラランボス)さんが昇天した

私は何のために生きているのか?』の著者で『エソテリック・ティーチング』『エソテリック・プラクティス』の監修をしていただいた、そして、日本のダスカロスの会を指導していただいた画家のハリー(ハラランボス)・ランバートさんが昇天したといふことを伝へ聞いた。

書籍についてもいろいろ関わらせていただき、十数年前、キプロス島でのダスカロスの娘さんのパンナヨッタさんとの面会に同行していただき、いろいろサポートしていただいた。

無私の人で、とても優しい人でした。
多くの人に親しまれてゐました。

純粋で、真理のみを伝へやうとされ、ダスカロスの教へに忠実でした。

天国では、今頃、ダスカロスと会ってゐるかもしれません。

感謝にたへません。

天国で安らいだのち、われわれのためにサポートされんことを祈念します。